パスポートは世界で通用する身分証明書です。自分の国籍、氏名、年齢などを具体的に証明できるものです。1人に1冊ですので年齢に関わらず0才児でもパスポートが必要となります。パスポートは日本国民であることを証明するとともに、通路故障なく必要な保護扶助を与えられるよう外国政府に対しての保護要請文が記載されています。出国・帰国の際にパスポートの携帯と呈示が義務づけられています。パスポートがなければ、世界のどの国へも入出国することができません。パスポートはとても大切なものなのです。パスポートは2種類あり、5年間有効のものと10年間有効のものがあります。20歳以上の人はいずれかを選択することができますが、20歳未満の人は、5年間有効のパスポートのみの発給となります。有効期間中なら何回でも使用することができ、渡航目的の制限はありません。

申請手続きは、本人が住民票を登録している都道府県の旅券担当窓口で行なわれます。地域によっては、出張所が設置されています。万一、本人が申請に行けない場合のため代理人の申請も可能です。ただし、パスポートを受け取るときは代理人では不可能ですので、必ず本人が受け取りに行きます。また、すでにパスポートを取得ている人は残存有効期間の確認しておきましょう。渡航先の国によっては入国時またはビザ(入国査証)申請時にパスポートの残存有効期間が短いと入国を拒否されたり、ビザが発行されないこともあります。滞在日数の他に、残存有効期間が6カ月以上あることなどを条件にしている国もあります。そのため、残存有効期間が1年未満になったら一旦パスポートを返納し、新規発給申請をすることができます。渡航先国の出入国条件は必ず調べたうえ、パスポートがいつまで有効なのかということを確認しておきましょう。

海外旅行中はもちろんパスポート管理は自己責任で行います。万一渡航先でパスポートを紛失したり盗難にあった場合は、まず所轄の警察署でパスポートの紛失届および盗難届の届出証明書を発行してもらいます。最寄りの日本大使館または総領事館に申し出て、パスポートの再発給の手続きを取ります。その際、一般旅券再発給申請書2通、パスポート用写真2枚、紛失届1通、警察署発行の届出証明書1通が必要となります。旅券番号および発行日時を控えておく方がいいでしょう。





役立ちリンク