再保険とは

保険会社では「大数の法則」が働かない巨大な危険や自然災害などによる巨額の損害の発生に備え、引き受けた金額の一部または全部を他の保険会社に「再保険」という形で転嫁します。
このように、再保険を通じて危険を分散・平均化することにより、引受能力の増大と損害率の安定を図り、保険事業自体の安定を目指しています。