保険会社が破綻した場合

生命保険会社の経営が破綻した場合には、「生命保険契約者保護機構」により一定の契約者保護が図られます。
「生命保険契約者保護機構」は、破綻した生命保険会社の契約を引き継ぐ会社が現れた場合にはその会社の対して資金援助を行い、救済会社が現れない場合は機構の子会社である継承保険会社が契約を引き継ぎます。
全ての生命保険契約が保障の対象になりますが、契約者の負担も生じます。
  • 補償限度は責任準備金(将来の保険金などの支払を確実に行うために積み立てられているべき金額)の90%までです。
  • 保険金や給付金の額は、責任準備金の削減割合や予定利率の引き下げ度合いに応じて減額されます。

損害保険会社が破綻した場合には、「損害保険契約者保護機構」の保障対象となります。ただし、その場合でも、保険業法の規定に基づき、保険金、解約返戻金等支払われる金額は一部削減される可能性もあります。