国民年金について


国民年金の加入種別
強制加入被保険者
第1号被保険者 (例)自営業・無職の者
日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、第2号被保険者及び第3号被保険者以外の者。ただし、被用者年金各法に基づく老齢給付等を受けることができる者を除く。(この者は任意加入することができる)
第2号被保険者 (例)サラリーマン・公務員
被用者年金各法の被保険者、組合員又は加入者。ただし、65歳以上で、老齢退職年金給付の受給権者は被保険者としない。
第3号被保険者 (例)サラリーマン・公務員の配偶者
第2号被保険者の配偶者であって、主として第2号被保険者の収入により生計を維持する者(被扶養配偶者)のうち20歳以上60歳未満の者。

任意加入被保険者
任意加入被保険者

次のいずれかに該当する者は、社会保険庁長官に申し出て被保険者となることができる。

  1. 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、被用者年金各法に基づく老齢年金等を受け取ることができる者
  2. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者
  3. 日本国籍を有する者であって、日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の者
特例任意加入被保険者
次のいずれかに該当する者は、社会保険庁長官に申し出て被保険者となることができる。ただし、任意加入被保険者が特例任意加入被保険者の条件に該当するときは、申し出があったものとみなされる。
昭和30年4月1日以前に生まれた、
  1. 日本国内に住所を有する65歳以上70歳未満の者で、老齢又は退職を支給事由とする年金たる給付の受給権を有しない者
  2. 日本国内に住所を有しない65歳以上70歳未満の者で、老齢又は退職を支払事由とする年金たる給付の受給権を有しない者
任意加入被保険者であった期間は第1号被保険者期間とみなされるため、老齢基礎年金の受給資格期間(原則25年)を数年で満たせないときなどは任意加入することで満たすことができる。



給付される年金
全国民共通の給付
第1号被保険者の独自給付
老齢基礎年金 付加年金
全国民共通の老齢に達したときの基礎年金。 第1号被保険者独自の年金で、老齢基礎年金に上乗せして支給されます。
障害基礎年金 寡婦年金
全国民共通の障害を負ったときの基礎年金。 第1号被保険者独自の年金で、妻に一定の要件に該当する子がいないために遺族年金を受けることができないときに支給される。
遺族基礎年金 死亡一時金
全国民共通の一定の要件に該当する夫が死亡したときの基礎年金。 第1号被保険者独自の一時金で、遺族基礎年金の受給権者に該当する者がいないときに支給される。寡婦年金とは選択受給となる。
脱退一時金
第1号被保険者独自の一時金で、短期滞在外国人に支給される。

国民年金関連サイト
社会保険庁の国民年金についてのページ
国民年金について分かりやすく解説しています。


このページは「国民年金」の概要を示したものです。