海外留学・駐在保険のあらましについて
保険情報館トップ > レジャーの保険 > 海外留学・駐在保険 >

保険金が支払われる場合
支払われる保険金
保険金が支払われない場合
傷害
死亡保険金
海外旅行行程中(以下「旅行行程中」)の事故によるケガが原因で事故の日からその日を含めて180日以内に死亡したとき。
[死亡特別保険金]
死亡保険金を支払った場合、死亡保険金の支払事由が被保険者への加害を目的とした第三者の作為による傷害であるとき。
死亡・後遺障害保険金額の全額を、指定された方(死亡保険金受取人)にお支払いします。指定のない場合は被保険者(保険の対象となる方)の法定相続人にお支払いします。
[死亡特別保険金]
死亡保険金と同額をお支払いします。
たとえば、
次のような原因により生じたケガ。
保険契約者、被保険者、保険金受取人の故意。
けんか、自殺、犯罪行為。
戦争、その他の変乱、原子核反応など。
無免許、酒酔または麻薬、シンナーなどにより正常な運転ができないおそれのある状態での運転。
妊娠、出産、早産、流産。
他覚症状のないむちうち症、腰痛など。
後遺障害
保険金
旅行行程中の事故によるケガが原因で事故の日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じたとき。 後遺障害の程度に応じて、死亡・後遺障害保険金額の3%〜100%をお支払いします。
:死亡保険金と後遺障害保険金は重複してお支払いしますが、支払保険金の総額は死亡・後遺障害保険金額をもって保険期間中の支払いの限度とします。
治療費用
保険金
旅行行程中の事故によるケガのため、医師の治療を受けたとき。 次の費用のうち現実に支出した金額を1回の事故につき治療費用保険金額の範囲内でお支払いします。
ただし、ケガの場合は事故の日からその日を含めて180日以内、病気の場合は最初の治療日からその日を含めて180日以内に要した費用に限ります。
医師または病院に支払った診療関係・入院関係の費用
義手、義足の修理費
治療のために必要となった通訳雇入費用、交通費
入院のために必要となった通信員・身の回り品の購入費。(5万円を限度とします。)
ただし1回の事故につき合計して20万円を限度とします。
治療による入院により必要となった当初の旅行行程への復帰賞用および帰国費用。
ただし・旅行行程からの離脱により被保険者が負担を免れる金額はさしひいてお
支払いします。
保険金請求のために必要な医師の診断書の費用。
:費用とは、国内外を問わず治療を受け被保険者が病院などに直接支払う費用をいいます。ただし健保・労災および海外における同様の制度により直接支払う必要のない費用は除きます。
疾病
治療費用
保険金
旅行行程中または旅行行程終了後72時間以内に発病し、かつ医師の治療を開始したとき。ただし、旅行行程終了後に発病した場合は、旅行行程中に原因が発生したものに限ります。
旅行行程中に感染した特定の伝染病(コレラ、ペスト、天然痘、発疹チフス、ラッサ熱、マラリア、回帰熱、黄熱〕のために旅行行程終了後30日を経過するまでに医師の治療を開始したとき。
注:発病の認定は医師の診断によります。したがって、旅行行程開始前から発病していたと医師が認定したような場合は、被保険者の自覚を問わず対象となりませんのでご注意ください。
たとえば、
次のような原因により生じた病気。
保険契約者、被保険者、保険金受取人の故意。
けんか、自殺、犯罪行為
戦争、その他の変乱、原子核反応など。
妊娠、出産、早産、流産。
他覚症状のないむちうち症、腰痛など。
歯科疾病。
死亡保険金
旅行行程中に病気により死亡したとき。
旅行行程中または旅行行程中に原因が発生し、旅行行程終了後72時間以内に発病した病気により旅行行程終了後30日以内に死亡したとを。(ただし、旅行行程中または旅行行程終了後72時間以内に医師の治療を開始し、その後も継続して医師の治療を受けていた場合に限ります。)
旅行行程中に感染した特定の伝染病(疾病治療費用担保特約と同じ)のために旅行行程終了後30日以内に死亡したとき。
疾病死亡保険金額の全額を、指定された方(死亡保険金受取人)にお支払いします。
指定のない場合は、被保険者の法定相続人にお支払いします。
賠償責任
旅行行程中に偶然な事故により、他人にケガをさせたり、他人のもの(ホテルの客室、ホテルのルームキー、レンタル業者から被保険者または契約者が賃借した旅行用品などを含みます。)をこわしたりして損害をあたえ、法律上の賠償責任を問われたとき。 1回の事故につき賠償責任保険金額を限度として、損害賠償金などをお支払いします。
注1:1回の事故ごとの免責金額(自己負担額)はありません。
注2:賠償金額の決定には、事前に保険会社の承認を必要とします。
たとえば、
次のような原因により生じた損害。
保険契約者、被保険者の故意。
戦争、その他の変乱、原子核反応など。
次のような損害賠償責任を負ったことにより被った損害。
被保険者の親族に対する損害賠償。
被保険者の職務遂行に直接もとづく損害賠償。
心神喪失に起因する損害賠償。
自動車、船舶、航空機、銃器の所有、使用、管理に起因する損害賠償。
受託物に関する損害賠償。(ホテルのルームキー、レンタル業者から借りた旅行用品などは除きます。)
携行品
旅行行程中に携行品(カメラ、時計、衣類、旅券など)が、盗難・破損・火災などの偶然の事故にあって損害を受けたとき。
:携行品は、被保険者が所有かつ携行する身の回り品をいいますが、現金・小切手・クレジットカード・定期券コンタクトレンズ、各種書類等は含みません。
また、ウィンドサーフィン、スキューバダイビング、サーフィン等の運動をするための道具も含みません。
旅券・運転免許証以外の損害
携行品1つ(1点または1対)あたり10万円(保険の目的が乗車券等である場合は、合計して5万円)を限度として、時価額または修繕費をお支払いします。
旅券の損害
1回の事故につき5万円を限度として、再発給費用(宿泊寅・交通費を含みます。)をお支払いします。ただし、携行品保険金額をもって、保険期間中の支払いの限度とします。
運転免許証の損害
国または都道府県に納付した再発給手数料をお支払いします。
注1:1回の事故ごとの免責資金額(自己負担額)はありません。
注2:旅券の紛失については、お支払いの対象とはなりません。
たとえば、
次のような原因により生じた損害。
保険契約者、被保険者、保険金受取人の故意。
戦争、その他の変乱、原子核反応など。
無免許、酒酔または麻薬、シンナーなどにより正常な運転ができなくなるおそれのある状況での運転による損害。
携行品のかし、または自然の消耗、機能に支障をきたさない外観の損害。
携行品の置き忘れまたは紛失。
偶然な外来の事故に直接起因しない電気的事故または機械的事故。
危険な運動(ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、ハンググライダー搭乗等〕を行っている間の、その運動のための用具の損害。
救援者費用
旅行行程中に
事故によりケガをして、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡したとき。
病気または妊娠・出産・早産・流産により死亡したとき。
発病し、旅行行程(または保険期間〕が終了した日からその日を含めて30日以内に死亡したとき。(旅行行程中に治療を開始し、その後も継続して治療を受けていた場合に限ります。)
発病し、医師の治療を開始して、継続して3日以上入院したとき。
事故によりケガをして、継続して3日以上入院したとき。
事故により遭難したとき。(行方不明を含みます。)
事故により生死不明または緊急な捜索を要する状態となったとき。
保険契約者、被保険者およびその親族のかたが現実に支出した次の1用を、保険期間を通じ保険金額の範囲内でお支払いします。
捜索救助費用
現地との航空運賃等往復の交通費(救援者3名分まで。ただし、保険金をお支払いする場合のにおいて・入院期間が3日から6日までの場合は救援者1名分までとなります。)
現地および現地までの往復行程におけるホテル客室料(救援者3名分かつ1名につき14日分まで。ただし、保険金をお支払いする場合のにおいて、入院期間が3日から6日までの場合は救援者1名分までとなります。)
現地からの移送費用
諸雑費(救援者の渡航手続費、現地での交通通信費等合計20万円限度。ただし、保険金をお支払いする場合のにおいて、入院期間が3日か56日までの場合は5万円限度となります)。ただし、入院治療に伴う緒雑費として傷害治療費用保険金、疾病治療1用保険金が支払われる場合を除きます。
遺体処理費用(100万円限度)
:現地とは日本国内外の事故発生地または収容地をいいます。
たとえば、
次のような原因により生じた損害。
保険契約者、被保険者、保険金受取人の故意。
戦争、その他の変乱、原子核反応など。
無免許・酒酔運転、自殺行為。(被保険者が死亡された場合を除きます。)
けんか、犯罪行為。
麻薬、シンナーなどにより正常な運転ができないおそれのある状想での運転。
他覚症状のないむちうち症、腰痛など。
治療・
救援費用
傷害治療費用、疾病治療費用、または救援者費用のいずれかが支払われる場合。 左記の保険金の支払いにかえて、支払われるべき金額の合計額を1回のケガ、病気、事故につき治療・救援費用保険金額を限度として支払われます。 それぞれ傷害治療費用、疾病治療費用、救援者費用に同じ。
航空機寄託手
荷物遅延費用
航空機搭乗時に航空会社に預けた手荷物の目的地への到着が6時間以上遅れたとき。 目的地への到着後、96時間以内に購入した衣類・生活必需品の費用を、10万円を限度として支払われます。
注1:手荷物が到着した以降の費用は除きます。
注2:保険金は日本にて円貨で支払われますので、事故、損害額の証明書類を持ち帰りください。
たとえば、
次のような原因により負担した費用。
保険契約者、被保険者の故意、重過失または法令違反
戦争、その他の変乱、原子核反応など。
地震、噴火、またはこれらによる津波。
航空機遅延
搭乗予定航空機が6時間以上の出発遅延、欠航もしくは運休または搭乗予定業務のかしにより搭乗不能となり、6時間以内に代替機を利用できないとき。
搭乗した航空機の遅延によって、乗継予定航空機に搭乗できず、乗継地への到着時刻から6時間以内に代替機を利用できないとき。
注:上記は出発地、は乗継地において負担した費用に限ります。
被保険者が現実に支出した費用を、2万円を限度としてお支払いします。
ホテル客室料食事代ホテル等への移動に要するタクシー代等の交通費
注:保険会社が社会通念上妥当と認めた通常の額とします。
たとえば、
次のような原因により負担した費用。
保険契約者、被保険者の故意、重過失または法令違反
戦争、その他の変乱、原子核反応など。
地震、噴火、またはこれらによる津波。

このページは「海外留学・駐在保険のあらまし」の概要を示したものです。詳しくは弊社にお問い合わせください。