火災保険について
保険情報館トップ > くらしの保険 >

ひと口に火災保険といってもたくさんの種類があります。

各社の火災保険の商品情報

火災保険の上手な加入方法

(1)動産(家財)は建物とは別保険金額でご契約ください

建物に火災保険を付けただけでは、建物内の動産(家財)は火災保険の対象になりません。
貴重な財産を万が一の火災や爆発事故から守るためには次の分類ごとに保険金額を決め、ご加入いただきことが必要です。

  1. 建物・・建物は一棟ごとに保険金額を決めてご加入いただきます。マンション等は専有部分になります。
  2. 造作・・建物と造作の所有者が異なる場合は造作のみの契約もできます。
  3. 家財・・日常家庭生活用具のことで「家財一式」としてのご契約となります。

(2)保険金額は保険価額(物の価値)いっぱいで設定してください

万が一罹災された時、お支払いする保険金額は、保険金額の保険価額に対する割合をもとにして算出されます。

(3)明記物件をお忘れなく

保険証券に明記(契約時に申込書に記載)すれば、保険の対象に含まれるものを「明記物件」といいます。これらは、申込書に明記しないと保険の対象を「家財」としただけでは補償されません。

  明記物件とは・・・

  • 1個または1組の価額が30万円をこえる貴金属、宝石、書画、彫刻物などの美術品
  • 稿本、設計図、図案、証書、帳簿その他これらに類する物

保険価額の目安

<参考>

地震保険について


各社の火災保険


詳細はロゴをクリック
建物・家財の火災保険
THE住まいの保険パンフレット

サイト

詳細はロゴをクリック
賃貸住宅入居者専用火災保険
THE家財の保険パンフレット

サイト


詳細はロゴをクリック
タフ住まいの保険パンフレット






詳細はロゴをクリック
GKすまいの保険パンフレット

賃貸住宅者用
リビングFIT パンフレット









詳細はロゴをクリック


    <コメント>
    最近のオリジナルの火災保険は、ほとんどが破・汚損(突発的な事故による)を担保しています。