土木工事保険について
保険情報館トップ > 企業の保険 >

土木工事保険とは・・・
あらゆる土木工事の着工から完成引渡し迄,工事現場において偶然な事故により本工事,仮工事,/工事用材料,工事用仮設材,仮設建物について生じた損害をてん補する保険です。

このほかビル建築には・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・建設工事保険,
      プラント,鉄塔,橋梁上部工のような鋼構造物の建設には・・・組立保険があります。

保険の対象となる工事は・・・
道路工事,鉄道工事,橋梁工事,トンネルエ事,地下鉄工事,ダムエ事,水門工事,堰堤工事,上下水道工事,桟橋工事,ドックエ事,地下街工事,地下駐車場工事,空港工事,土地造成工事などすべての土木工事が対象となります。

保険の目的の範囲は・・・
この保険では次のものが保険の目的となります。
(1)本工事(完成後引渡しを要する工事の目的物)およびこれに付随する仮工事
(注1)
(2)上記の工事用材料および工事用仮設材
(3)現場事務所,宿舎,倉庫,その他の仮設建物,これらの建物内に収容されている什器,備品(家具,衣類,寝具,事務用具,非常用具にかぎります。)

(注1) 本工事に付随する仮工事には通常次のようなものが含まれます。
支保工,型枠工,支持枠工,足場工,仮橋,仮桟橋,土留工,締切工,路面覆工,防護工,工事用道路,工事用軌道,仮護岸,仮排水路,仮トンネル,土捨場(仮置場),土取場など。
なお,これら以外の仮工事が含まれる場合には,その旨お申し出下さい。また工事によっては,これら仮工事のうち特定の仮工事を保険の目的から除外することもあります。

次のものは保険の目的に含まれません。

(1)据付機械設備等の工事用仮設備,工事用機械器具およびこれらの部品(注2)
(2)航空機,船舶もしくは水上運搬用具,機関車,自動車その他の車両
(3)設計図書,証書,帳簿,通貨,有価証券その他これらに準ずる物

(注2) 1. 据付機械設備等の工事用仮設備とは
索道,クレーン設備,コンベヤー・エレベーター設備,水力輸送設備,空気輸送設備,バッチャープラント設備,荷役設備,クラッシングプラント設備,その他のプラント設備,給水設備,換気設備,排水設備,止水設備,電気設備,給気設備,その他のプラント設備
2. 工事用機械器具とは
パワーショベル,ドラグライン,クラムシェル,ショベルローダー,バックホウ,ブルドーザー,タイヤドーザー,スクレーパー,ロータリースクレーパー,モータースクレーパー,締め固め機械,ロードローラ,モーターグレーダー,アスファルトフィニッシャー,コンクリートポンプ,コンクリートミキサーなど

補償される損害は・・・
土木工事保険は……

  • 工事の着工から完成引渡しまでの間に
  • 工事現場において
  • 不測かつ突発的な事故により

保険の目的について生じた損害で免責条項に該当しない損害をてん補します。

具体的には……

台風,旋風,暴風,暴風雨,豪雨,洪水,高潮等の風水災によって生じた損害
落盤,崩壊,地すべり,地盤の急激な沈下,異常土圧によって生じた損害
火災,爆発,破裂,落雷によって生じた損害
航空機の墜落,車両の衝突によって生じた損害
(航空機,車両の損害は除かれる。)
盗難によって生じた損害
従業員のミスによって生じた損害
などがあげられます。

◎施工,材質の欠陥によって生じた損害にっいては,これら欠陥のあった部分の損害はてん補されませんが,それらが原因で他の部分に波及して生じた損害はてん補されます。

補償されない損害は・・・
次の損害はてん補されません。

(1)戦争,暴動,騒じよう,不発爆弾などによる損害
(2)官公庁による差押,徴発などによる損害
(3)核燃料物質などによる損害
(4)地震,噴火,津波による損害
これらは他の一般の損害保険でも免責としている損害です。

上記のほかに,次の損害を免責としています。

(1)
保険契約者,被保険者または工事現場責任者の故意,重大な過失または法令違反によって生じた損害
(2)
工事仕様書記載の仕様または施工方法にいちじるしく違反したことによって生じた損害
(3)
保険の目的が工事以外の用途に使用された場合,その使用によってその部分に生じた損害
(4)
保険の目的の設計の欠陥によって生じた損害(注)
(5)
保険の目的の施工,材質または製作の欠陥の修理,取替,補強に要した費用。ただし,これらの欠陥によって保険の目的の他の部分にっいて生じた損害は支払われます。
(6)
保険の目的の性質または自然の消耗
(7)
寒気,霜,氷または雪によって生じた損害
(8)
残材調査の際に発見された紛失または不足の損害
(9)
損害発生後30日以内に覚知されなかった盗難の損害
(10)
湧水の止水または排水費用
(11)
土砂の圧密沈下のため追加して行なった埋立・盛土または整地工事の費用
(12)
掘削工事にともなう余掘りまたは肌落ちの損害
(13)
浚渫部分に生じた埋没または隆起の損害
(14)
捨石,被覆石,消波ブロックまたはこれらに類するものの洗掘沈下または移動によって生じた損害
(15)
被保険者が保険の目的の工事に関する契約につき,完成期限または納期の遅延,能力不足その他の債務不覆行により損害賠償責任を負担することによりこうむった損害
(注)設計の欠陥によって生じた損害について,特約により波及損害(設計の欠陥のあった部分を除く他の部分に及ぼした損害)を担保することがあります。

保険金額の決め方は・・・

請負金額 支給材料
貸与仮設材
完成価格 保険金額

保険金額は,工事の請負契約金額とします。
なお請負金額に算入されない支給材料または貸与品があるときはその金額(時価)を請負金額に加算していただきます。
消費税を含んだ金額とします。また,出精値引きされている場合は値引後の金額とします。

〔てん補限度額の設定〕

通常,保険金額は保険会社の最高責任額を示しますが工事の内容により,一回の事故ごとのてん補金限度額,あるいは保険期間を通じてのてん補限度額を定め,保険会社の最高責任額を保険金額より低い額で限定することがあります。

保険期間は・・・
保険期間は,原則として工事着工の時から工事の目的物の完成引渡し予定時までです。
この保険期間中に生じた保険事故による損害がてん補金の支払対象になりますが,工事用材料や工事用仮設資材の保険責任は,工事場に搬入されて荷卸しされた時から開始します。

保険期間中であっても工事の目的物が工事の施工者から発注者に引渡された場合には,その時をもって保険責任は終了します。
保険期間の中途で工事期間が延長されることが判明した場合には,事前にご連絡いただければ,追加保険料をいただいて保険期間を延長することができます。

保険金の支払い方法は・・・

損害額
自己負担額
損害てん補金
損害の生じた保険の目的を損害発生の状態に復旧するために直接要する費用。

具体的には
(1) 保険の目的の修理費
(2) 保険の目的の修理に直接必要な排土費用、排水費用(湧水の排水費用は除く)とします。これらの費用の計算に当たっては、請負金額の内訳書を基礎として算出されます。なお、内訳書に損料もしくは償却費を計上した仮設建物および工事用仮設財に損害が生じた場合は、時価により損害額を算出します。(残存物があるときはその価額を控除します)

次の費用は損害の額に含まれません。
(1) 工事内容の変更による増加費用
(2) 保険の目的の損傷復旧方法の研究費用もしくは調査費用または復旧作業の休止もしくは手待費用
(3) 損害の防止また軽減のため支出した費用
工種により1回の事故における自己負担額を決めます。
たとえば地下鉄工事では
(1) 火災、爆発による損害について・・・0円
(2) 盗難による損害については・・・100,000円
(3) その他の損害については・・・1〜2,000,000円(契約時に協定します)
てん補限度額を設けた場合は、その額を限度とします。


このページは「土木工事保険」の概要を示したものです。詳しくは弊社にお問い合わせください。